『とはずがたり』に登場する隅田川
記事コード:
doc_02

『とはずがたり』に登場する隅田川

関連カテゴリ:
更級資料室
携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

『 とはずがたり』は鎌倉時代中期、十三世紀後半、後深草院に仕えた二条という女性の自伝。作者が宮廷を辞し尼となった後、33歳の頃、関東を訪ねた折(1290年、正応三年)、浅草周辺を訪ねている。当時、浅草寺は観音堂が野原にポツンと建っている状態であった。隅田川には橋がかかっており、現地の人は隅田川を「須田川」と呼んでいた話が語られている。現在、須田川の名残りは千代田区神田須田町という地名に残っている。ここで重要なのは、鎌倉時代、江戸の現地で隅田川は「すんだ川」(発音はおそらくsungda-gawa)、つまり、この地方は「ずーずー弁」であったと思われることである。隅田川が「あすだ川」と呼ばれていたという説の根拠とされているが、音韻から考えれば何の関連性もないことは明らかである。


『とはずがたり』に見る鎌倉時代の隅田川

八月の初めつ方にもなりぬれば、武蔵野の秋の気色ゆかしさにこそ、今までこれらにも侍りつれと思ひて、武蔵国へ帰りて、浅草と申す堂あり。十一面観音のおはします。霊仏と申すもゆかしくて参るに、野の中をはるばると分け行くに、萩・女郎花(をみなへし)・萩(をぎ)・薄(すすき)よりほかは、またまじる物もなく、これが高さは馬にのりたる男の見えぬ程なれば、推し量るべし。三日にや分け行けども、尽きもせず。ちとそばへ行く道にこそ宿などもあれ、はるばる一通りは、来し方行く末野原なり。

 観音堂は、ちと引き上がりて、それも木などはなき原の中におはしますに、まめやかに「草の原に出づる月影」思い出づれば。今宵は十五夜なりけり。雲の上の御遊びも思ひやらるるに、御形見の御衣は、如法経の折御布施に大菩薩に参らせて、「今ここに在り」とはおぼえねども、鳳闕の雲の上忘れ奉らざれば、余香をば拝する心ざしも、深きに変らずぞおぼえし。草の原より出でし月影、更け行くままに澄みのぼり、葉末に結ぶ白露は、玉かと見ゆる心地して、

「雲の上に見しもなかなか月ゆゑの 身の思ひ出は今宵なりけり」

涙に浮かぶ心地して、

 「隈もなき月になり行く眺めにも  なほ面影は忘れやはする」

明けぬれば、さのみ野原に宿るべきならねば、帰りぬ。
  さても、隅田川原近き程にやと思ふも、いと大いなる橋の、清水・祇園の橋の体(てい)なるを渡るに、きたなげなき男二人会ひたり。
 「このわたりに隅田川という川の侍るなるはいずくぞ」と問えば、
 「これなんその川なり。この橋をば須田の橋と申し侍る。昔は橋なくて、渡舟にて人を渡しけるも、わづらはしくとて、橋出で来て侍る。隅田川などは、やさしきことに申し置きけるにや。賎(しづ)がことわざには、須田川の橋とぞ申し侍る。この向へをば、昔は三芳野の里と申しけるが、賎が駆り干す稲と申す物に実の入らぬ所にて侍りけるを、時の国司、里の名を尋ね聞きて、理(ことわり)なりけりとて、吉田の里と名を改められ後、稲うるはしく、実も入り侍る」など語れば、業平の中将、都鳥に言問ひけるも思い出でられて、鳥だに見えねば、

 「尋ね来し甲斐こそなけれ隅田川 住みけん鳥の跡だにもなし」

川霧こめて、来し方行く先も見えず。涙にくれて行く折節、雲居遥かに鳴くかりがねの声も、折知り顔におぼえ侍りて、

 「旅の空涙にくれて行く袖を 言問ふ雁の声ぞ悲しき」

『とはずがたり』新潮日本古典集成、福田秀一校注、p.248

 


この記事に対するお客様の声