記事コード:
inv1_018

平安時代に銅銭が流通しなかった理由

関連カテゴリ:
更級日記の考証 > 社会文化編
携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

平安時代には貨幣として銅銭を流通させるだけの銅地金が産出されなかった


平安時代の代替通貨として米、絹、布などが取引に使用されたが重かったり、かさばったりで旅行中に持ち運ぶのは大変不便であった。やはり、銅銭があれば便利だったと思うのだが普及しなかった。それはなぜかという問題である。
 普通は当時の経済が貨幣を必要とするほど規模が大きくなかったという説明がされるが本当だろうか。貨幣がなかったから、流通経済が発展しなかったということはないだろうか。
平安末期、平清盛は日宋貿易で大量の宋銭を輸入し流通させようとしたが、これは経済活性化のための、あの時代での究極の金融政策ではなかったか。
 奈良時代には和同開珎を始め皇朝十二銭まで銭の鋳造が行われ、さらに江戸時代には大量の銅地金を長崎から輸出していたことから、日本は産銅国という印象が強いが、意外にも平安から鎌倉時代にかけての日本では銅の産出は非常に少なかったようである。逆に金は国際価格より安価に産出していて、これが平安末期から室町時代まで金を代価に銅銭を輸入していた本当の理由らしい(文献1)。銅地金不足の時代であったことは、宋銭、明銭を貨幣として使うだけでなく、鋳つぶして梵鐘、仏具を作ることまで行われていたことからも容易に想像される。
 戦国期に至り各地で鉱山の開発が活発となり、やっと銅貧国から脱出し、江戸時代の銭貨鋳造に至る。
画像は皇朝十二銭の一部(国史大辞典、吉川弘文館より)

<文献>
1.金属を通して歴史を観る(6.金属比価の歴史(2)比価表):新居宏、BOUNDARY コンパス社(1990.6)


この記事に対するお客様の声