更級日記では上総から京都の自宅まで何日かかったか
記事コード:
inv2_002

更級日記では上総から京都の自宅まで何日かかったか

関連カテゴリ:
更級日記の考証 > 地理編
携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

更級日記の東海道の旅で上総から京都までの所要日数


 ユリウス暦(当時の西暦)で10月4日に出発し12月18日に帰着しているので旅行期間は75日である。実移動日数は、あちこちで逗留しているので、おそらく60日以下である。更級注釈書などでは旧暦で9月3日出発、12月2日帰着ということで3ヶ月の大旅行ということになっているが、なんぼなんでもそんなにはかかってはいない。2ヶ月の旅でも長いが、悪路、大量の荷駄の上に、毎日ほとんどキャンプなのでテントの設営、食料、水の調達、調理などの時間がかかる。更に日の短い季節で一日の稼動時間も短かかった。これは現代でも登山を考えれば体感的に納得が行く。山では夜明けとともに行動を開始し、移動は2~3時までに終わるのが原則である。ちなみに、東海道の整備が進み宿場、道路事情がある程度良くなった、鎌倉時代の十六夜(いざよい)日記、阿仏尼の旅行では京都から鎌倉までの日数は14日である。荷物は当座の食糧と身の回りのもの以外ほとんどない状態である。


この記事に対するお客様の声