記事コード:
inv2_036

相模国の『にしとみ』の現在地はどこか?

関連カテゴリ:
更級日記の考証 > 地理編
携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

相模国『にしとみ』には屏風のような山がある


これまで、藤沢市西富、遊行寺付近とする説と、箱根の西土肥の訛りで箱根山系をさすという説がある。まず原文を見てみよう。実に名文です。
 『にしとみというところの山、絵よく描きたらん屏風を立て並べたらむようなり。片つ方は海、浜の様も寄せ返る浪の景色も、いみじうおもしろし。唐(もろこし)が原といふ所も、砂子いみじう白きを二、三日ゆく。夏は、やまと撫子の濃く薄く錦をひけるやうになむ咲きたる、これは秋の末なれば見えぬ、というに、なお所々はうちこぼれつつ、あわれげに咲きわたれり。もろこしが原に、やまと撫子も咲きけむこそ、など、人々をかしがる』
箱根の山中であれば、唐が原の位置がおかしいし、浜も見えない。また当時は足柄越えの時代であり、箱根に行く理由もないということで、少なくとも箱根説はありえない。では、藤沢の遊行寺付近の西富は問題ないか?
実は西富という地名は明治7年(1874)に西村を西富に改称したものであるという青木家文書が存在する(明治7年御用留)らしい(藤沢市教育委員会「神奈川の古代道」(1997)p.57、p.114)。西富が明治以後の名称ならこれも話にならない。しかし、問題はなぜ明治になって西村を西富に改称したかである。元々西富という村名であったのを、何かの憚りがあって江戸時代、西村と称していたのではないだろうか。維新後、それを元に戻したということは考えられないだろうか?。
 ※松太夫の推測:やはり西富はこの地域の古名であったと思う。それが徳川家康が天下を取って東海道が整備されると、西富という地名はあたかも「西(大坂=豊臣)が富む」といっているようで幕府に対し,憚りがあり西村に改称したのではないだろうか。
 実際に遊行寺の境内から海の方、山の方を眺めて見ると、まず、左側は藤沢市街のビル、鉄道etcの建造物のため海は見えない。山も木に邪魔されたり、もやにかすんではっきり見えない(夏に行ったせいか)。このことから仮に更級作者一行が西富に来たとしても、屏風のような山を見た地点は現在の遊行寺のある辺り(現在の藤澤市西富)ではない。それどころか『屏風のような山』とは江戸時代の歌川広重の東海道五十三次、藤澤宿に描かれている遊行寺の立っている山そのものであり、それを遠望したのはもっと海岸よりである。
 藤沢説は浜を歩いた日数からも補強される。西富から海岸を二、三日歩いたというのであるが、仮に中原街道や、延喜式東海道をたどってくると、内陸を通って現在の平塚市に出ると、海岸沿いの道は国府津(こうづ)まで歩いてもせいぜい二日である。藤沢に出たからこそ三日かかる。小総駅(現在の国府津)まで浜に沿って歩き、そこから北上して関本に向かう。以上のことから、菅原家一行は近世東海道に近い道筋(厳密には少し南の横浜市弘明寺を経由する鎌倉街道下ノ道)をたどって相模に入ったと推測される。なお、西富の位置は遊行寺近くではあろうが、当時はもっと広い地域をさした可能性がある。


この記事に対するお客様の声