更級日記原典(旅日記)
記事コード:
tex002

更級日記原典(旅日記)

関連カテゴリ:
更級日記原典
携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

1.かどで(寛仁四年)


東路の道のはてよりも、なほ奧つかたに生ひいでたる人、いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひ始めけることにか、世中に物語といふもののあんなるを、いかで見ばやと思ひつゝ、徒然なるひるま、よひゐなどに、姉、繼母などやうの人々の、その物語、かの物語、光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、いとゞゆかしさまされど、我が思ふまゝに、そらに、いかでか覺え語らむ。いみじく心もとなきまゝに、等身に藥師佛を作りて、手あらひなどしてひとまにみそかに入りつゝ、「京(みやこ)にとくのぼせ給ひて、物語の多くさぶらふなる、あるかぎり見せ給へ」と身を捨てて額(ぬか)をつき、祈り申すほどに、十三になる年、のぼらむとて、九月(ながづき)三日門出して、いまたちといふ所にうつる。  年ごろ遊びなれつる所を、あらはに毀ちちらして立ちさわぎて、日の入際のいとすごく霧わたりたるに、車に乘るとてうち見やりたれば、ひとまには參りつゝ額をつきし、藥師佛の立ち給へるを、見捨て奉るかなしくて、人知れずうち泣かれぬ。  門出したる所は、めぐりなどもなくて、かりそめの茅屋の、しとみなどもなし。簾かけ、幕など引きたり。南ははるかに野のかた見やらる。東西は海ちかくていとおもしろし。夕霧たち渡りて、いみじうをかしければ、朝寢などもせず、かたがた見つゝ、こゝを立ちなむ事もあはれに悲しきに、同じ月の十五日、雨かきくらし降るに、境を出でて、しもつさの國のいかたといふ所に泊まりぬ。庵なども浮きぬばかりに雨降りなどすれば、恐しくて寢も寢られず、野中に岡だちたる所に、たゞ木ぞ三つたてる。その日は、雨にぬれたる物ども乾し、國にたちおくれたる人々待つとて、そこに日を暮しつ。  十七日のつとめて、立つ。昔、しもつさの國に、まのの長といふ人住みけり。ひき布を千むら、萬むら織らせ、漂させけるが家の跡とて、深き河を舟にて渡る。昔の門の柱のまだ殘りたるとて、大きなる柱、河のなかに四つたてり。人々歌よむを聞きて、心のうちに
  朽ちもせぬこの河柱のこらずは昔のあとをいかで知らまし
 その夜は、くろとの濱といふ所に泊まる。片つ方はひろ山なる所の、砂子はるばると白きに、松原茂りて、月いみじうあかきに、風の音もいみじう心細し。人々をかしがりて歌よみなどするに、
まどろまじこよひならではいつか見むくろどの濱の秋の夜の月


2.太井川

そのつとめて、そこをたちて、しもつさの國と、武藏との境にてある太井川といふが上の瀬、まつさとのわたりの津に泊まりて、夜ひと夜、舟にてかつがつ物などわたす。  乳母なる人は、男などもなくなして、境にて子産みたりしかば、離れて別にのぼる。いと戀しければ、行かまほしく思ふに、兄(せうと)なる人抱きてゐて行きたり。皆人は、かりそめの假屋などいへど、風すくまじくひきわたしなどしたるに、これは男なども添はねば、いと手はなちに、あらあらしげにて、苫といふものを一重うち葺きたれば、月殘りなくさし入りたるに、紅の衣うへに着て、うちなやみて臥したる、月影さやうの人にはこよなく透きて、いと白く清げにて、珍しと思ひてかき撫でつゝ、うち泣くを、いとあはれに見捨てがたく思へど、いそぎゐて行かるゝ心地、いと飽かずわりなし。面影におぼえて悲しければ、月の興もおぼえず、くんじ臥しぬ。  つとめて、舟に車かき据ゑて渡して、あなたの岸に車ひきたてて、送りに來つる人々これより皆かへりぬ。のぼるは止りなどして、行き別るゝ程、行くも止るも、皆泣きなどす。をさな心地にもあはれに見ゆ。

3 竹芝寺

今は武藏の國になりぬ。ことにをかしき所も見えず。濱も砂子白くなどもなく、こひぢのやうにて、むらさき生ふと聞く野も、芦荻のみ高く生ひて、馬に乘りて弓もたる末見えぬまで、高く生ひ茂りて、中をわけ行くに、竹芝といふ寺あり。はるかに、はゝさうなどといふ所の、廊のあとの礎などあり。いかなる所ぞと問へば、「これは、いにしへ竹芝といふさかなり。國の人のありけるを、火たきやの火たく衞士にさし奉りたりけるに、御前の庭を掃くとて、『などや苦しきめを見るらむ。わが國に七つ三つつくりすゑたる酒壺に、さしわたしたるひたえのひさごの、南風吹けば北になびき、北風吹けば南になびき、西吹けば東になびき、東吹けば西になびくを見て、かくてあるよ』とひとりごち、つぶやきけるを、その時、帝の御女いみじうかしづかれ給ふ、たゞひとり御簾の際にたち出で給ひて、柱によりかゝりて御覽ずるに、この男のかくひとりごつを、いとあはれに、いかなるひさごの、いかになびくならむと、いみじうゆかしく思されければ、御簾を押しあげて、『あの男、こち寄れ』と召しければ、かしこまりて勾欄のつらにまゐりたりければ、『言ひつること、いま一かへり我にいひて聞かせよ』と仰せられければ、酒壺のことを、いま一かへり申しければ、『我ゐて行きて見せよ。さいふやうあり』と仰せられければ、かしこく恐しと思ひけれど、さるべきにやありけむ、負ひ奉りて下るに、論なく人追ひて來らむと思ひて、その夜、勢多の橋のもとに、この宮をすゑ奉りて、勢多の橋を一間ばかりこぼちて、それを飛び越えて、この宮をかき負ひ奉りて、七日七夜といふに、武藏の國に行き着きにけり。  帝、后、御子失せ給ひぬと思し惑ひ、もとめ給ふに、武藏の國の衞士の男なむ、いと香ばしきものを首にひきかけて、飛ぶやうに逃げけると申し出でて、此男を尋ぬるになかりけり。論なくもとの國にこそ行くらめと、朝廷(おほやけ)より使くだりて追ふに、勢多の橋こぼれて、え行きやらず、三月といふに武藏の國に行き着きて、この男を尋ぬるに、この御子おほやけづかひを召して、『我さるべきにやありけむ、この男の家ゆかしくて、率て行けといひしかば率てきたり。いみじくこゝありよくおぼゆ。この男罪にしれうぜられば、われはいかであれと。これも前の世にこの國にあとをたるべき宿世こそありけめ。はやかへりて朝廷にこのよしを奏せよ』と仰せられければ、いはむ方なくて、上りて、帝に、『かくなむありつる』と奏しければ、いふかひなし。その男を罪しても、今はこの宮をとりかへし、都にかへし奉るべきにもあらず。竹芝の男に、生けらむ世のかぎり、武藏の國を預けとらせて、おほやけごともなさせじ、たゞ宮にその國を預け奉らせ給ふよしの宣旨くだりにければ、この家を内裏のごとくつくりて住ませ奉りける家を、宮など失せ給ひにければ、寺になしたるを、竹芝寺といふなり。その宮のうみ給へる子どもは、やがて武藏といふ姓を得てなむありける。それよりのち、火たき屋に女は居るなり」と語る。
 野山、芦荻の中を分くるよりほかのことなくて、武藏と相摸との中にゐてあすだ河といふ。在五中将の「いざこと問はむ」とよみけるわたりなり。中将の集にはすみだ河とあり。舟にて渡りぬれば、相摸の國になりぬ。
 にしとみといふ所の山、繪よく書きたらむ屏風をたてならべたらむやうなり。片つ方は海、濱のさまも、寄せかへる浪の景色も、いみじうおもしろし。もろこしが原といふ所も、砂子のいみじう白きを二三日行く。「夏はやまとなでしこの濃く薄く錦をひけるやうになむ咲きたる。これは秋の末なれば見えぬ」といふに、なほ所々はうちこぼれつゝ、あはれげに咲きわたれり。もろこしが原に、やまとなでしこも咲きけむこそなど、人々をかしがる。

4 足柄山

足柄山といふは、四五日かねて、おそろしげに暗がりわたれり。やうやう入りたつ麓のほどだに、空のけしき、はかばかしくも見えず。えもいはず茂りわたりて、いと恐しげなり。麓に宿りたるに、月もなく暗き夜の、闇に惑ふやうなるに、遊女三人、いづくよりともなく出で夾たり。五十ばかりなる一人、二十ばかりなる、十四五なるとあり。庵のまへにからかさをささせてすゑたり。男ども、火をともして見れば、昔、こはたといひけむが孫といふ。髪いと長く、額いとよくかゝりて、色しろくきたなげなくて、さてもありぬべき下仕へなどにてもありぬべしなど、人々あはれがるに、聲すべて似るものなく、空に澄みのぼりてめでたくうたを歌ふ。人々いみじうあはれがりて、け近くて、人々もて興ずるに、「西國の遊女はえかゝらじ」などいふを聞きて、「難波わたりにくらぶれば」とめでたく歌ひたり。見る目のいときたなげなきに、聲さへ似る物なく歌ひて、さばかり恐しげなる山中にたちて行くを、人々あかず思ひて皆泣くを、をさなき心地には、ましてこのやどりを立たむことさへあかずおぼゆ。
 まだ曉より足柄を越ゆ。まいて山の中の恐しげなる事いはむ方なし。雲は足の下に踏まる。山の中らばかりの、木の下のわづかなるに、葵のたゞ三筋ばかりあるを、世はなれてかゝる山中にしも生ひけむよ、と人々あはれがる。水はその山に三所ぞ流れたる。
 からうじて、越えいでて、關山にとゞまりぬ。これよりは駿河なり。横走の關の傍に、岩壺といふ所あり。えもいはず大きなる石の四方なる中に、穴のあきたる中より出づる水の、清く冷たきことかぎりなし。
 富士の山はこの國なり。わが生ひ出でし國にては、西おもてに見えし山なり。その山のさま、いと世に見えぬさまなり。さまことなる山のすがたの、紺青を塗りたるやうなるに、雪の消ゆる世もなく積りたれば、色濃き衣に、白き袙(あこめ)着たらむやうに見えて、山の頂のすこし平ぎたるより、煙は立ちのぼる。夕暮れは火の燃え立つも見ゆ。
 清見が關は、片つ方は海なるに、關屋どもあまたありて、海までくぎぬきしたり。煙あふにやあらむ、清見が關の浪も高くなりぬべし。おもしろきことかぎりなし。
 田子浦は浪たかくて、舟にて漕ぎめぐる。
 大井川といふ渡あり。水の、世の常ならず、すり粉などを、濃くて流したらむやうに、白き水、早く流れたり。

5 富士川

富士河といふは、富士の山より落ちたる水なり。その國の人の出でて語るやう、「一年ごろ物にまかりたりしに、いと暑かりしかば、この水の面に休みつゝ見れば、河上の方より黄なるもの流れ來て、物につきて止まりたるを見れば、反故なり。とりあげて見れば、黄なる紙に、丹して、濃くうるはしく書かれたり。あやしくて見れば、來年なるべき國どもを、除目のごとみな書きて、この國來年あくべきにも、守なして、又添へて二人をなしたり。あやし、あさましと思ひて、とり上げて、乾して、をさめたりしを、かへる年の司召に、この文に書かれたりし、一つたがはず、この國の守とありしまゝなるを、三月のうちになくなりて、又なり代りたるも、このかたはらに書きつけられたりし人なり。かかる事なむありし。、來年の司召などは、今年この山に、そこばくの神々集まりて、ない給ふなりけりと見給へし。めづらかなることにさぶらふ」とかたる。
 ぬまじりといふ所もすがすがと過ぎて、いみじくわづらひ出でて、遠江にかゝる。さやの中山など越えけむほどもおぼえず。いみじく苦しければ、天ちうといふ河のつらに、假屋つくり設けたりければ、そこにて日ごろ過ぐるほどにぞ、やうやうおこたる。冬深くなりたれば、河風けはしく吹き上げつゝ、堪へ難くおぼえけり。そのわたりして濱名の橋に着いたり。濱名の橋、下りし時は黑木をわたしたりし、この度は、跡だに見えねば、舟にて渡る。入江にわたりし橋なり。外の海はいといみじくあしく浪高くて、入江のいたづらなる洲どもにこと物もなく、松原の茂れる中より、浪の寄せかへるも、いろいろの玉のやうに見え、まことに松の末より浪は越ゆるやうに見えて、いみじくおもしろし。
 それよりかみは、ゐのはなといふ坂の、えもいはずわびしきを上りぬれば、三河の國の高師の濱といふ。八橋は名のみして、橋のかたもなく、何の見所もなし。二むらの山の中にとまりたる夜、大きなる柿の木のしたに庵を作りたれば、夜一夜、庵の上に柿の落ちかゝりたるを、人々拾ひなどす。宮路の山といふ所越ゆるほど、十月晦日なるに、紅葉散らで盛りなり。
  嵐こそ吹き來ざりけれ宮路山まだもみぢ葉の散らでのこれる
   参河と尾張となるしかすがのわたり、げに思ひわづらいぬべくをかし。
 尾張國、鳴海浦を過ぐるに、夕汐たゞ満ちに満ちて、今宵宿らむも、中間に汐満ち來なば、こゝをも過ぎじと、あるかぎり走りまどひ過ぎぬ。  美濃の國になる境に、すのまたといふ渡りして、野上といふ所につきぬ。そこに遊女ども出で來て、夜ひと夜、歌うたふにも、足柄なりしおもひ出でられてあはれに戀しきことかぎりなし。雪降り荒れまどふに、物の興もなくて、不破の關、あつみの山など越えて、近江國、おきなかといふ人の家に宿りて、四五日あり。  みつさか山の麓に、夜ひる、時雨、あられ降りみだれて、日の光もさやかならず、いみじう物むつかし。そこを立ちて、犬上、神崎、野洲、くるもとなどいふ所々、なにとなく過ぎぬ。湖のおもてはるばるとして、なでしま、竹生島などいふ所の見えたる、いとおもしろし。勢多の橋みなくづれて、わたりわづらふ。  粟津にとゞまりて、師走の二日京に入る。暗くいき着くべくと、申の時ばかりに立ちて行けば、關ちかくなりて、山づらにかりそめなるきりかけといふ物したる上より、丈六の佛のいまだ荒作りにおはするが、顔ばかり見やられたり。あはれに、人離れていづこともなくておはする佛かなと、うち見やりて過ぎぬ。こゝらの國々を過ぎぬるに、駿河の清見が關と、相坂の關とばかりはなかりけり。いと暗くなりて、三條の宮の西なる所に着きぬ。

この記事に対するお客様の声