平安時代、太平洋航路は沿岸づたいでも輸送に使えなかったか?
記事コード:
inv3_010

平安時代、太平洋航路は沿岸づたいでも輸送に使えなかったか?

関連カテゴリ:
更級日記の考証 > 科学技術編
携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

平安時代における太平洋航路による遠距離物資輸送の可能性


 平安時代の船旅の記録で有名なのは『土佐日記』である。現在の高知は京都からたいした距離ではないが、当時は帰京するのに54日もかかっている。当時の土佐は太平洋と四国山脈で外界から閉ざされた僻遠の地であった。陸路は峻険な山道を越えなければならないので、国司の赴任には海路が使われたようである。紀貫之は承平4年12月21日(ユリウス暦935年1月28日)に出発して54日かけ翌、承平5年2月16日(935年3月23日)に帰着している。旅の様子は土佐日記に詳しく書かれているが、一読して気付くのは、あまりに沿岸の泊地での逗留が多いことである。航海している何倍も逗留しているのである。その理由は風、海流の不具合のほか海賊の襲撃を避けながらの航海であったからである。都から比較的近い四国でもこのような状態であったので、関東から直接海路を使ったら幸運に難破しなくても1年かかったかも知れない。また当時の舟の構造が極めて脆弱で、原始的であったことが推察される。それにともなう航海術も幼稚なものであったろう。
以上のことから平安時代には太平洋航路は存在しなかったと考えられる。


この記事に対するお客様の声