更級日記の東海道の旅をもとに平安時代の古地形や文献で平安時代日本を再現
文字サイズ

二村から熱田に向かう平安・鎌倉街道

  この区間の考証は尾藤卓夫『平安鎌倉街道』に加え、池田誠一『なごやの鎌倉街道をさがす』を参考にさせていただいた。この区間は尾藤氏により踏査されているが、記述からすでに半世紀を経て、その間の地形、街並みの変化は著しく古道の痕跡どころか目印となる施設、祠、寺社すら消滅している箇所がある。
本稿の関連地形図(明治24年測図五万分の一地形図、熱田町)はこちら


(1)二村から古鳴海まで


二村宿営地(皿池か)→二村峠(地蔵尊)→濁池→聖観音(おひじりさま)→
(大清水第二公園)→(義経鎧掛松)→(八ツ尾八幡社)八ツ松と蔵王権現→
扇川→諏訪神社(熊野神社)→浄蓮寺→宿地→新海池→古鳴海

皿池と推定される二村駅家跡を出て二村山に向かう。しかし山には登らず、二村峠で山を下り濁池に向かう。峠には建久元年(1190年)10月源頼朝が上洛の途上通過し、次の歌を残した。

よそに見しをささが上の白露を たもとにかくるふたむらの山 源頼朝 (続古今和歌集)


峠を下ると濁池に至る。この池は鎌倉時代にはまだ池ではなく谷間であったという(『なごやの鎌倉街道をさがす』p.118)。その後、この池は大正9年測図二.五万分の一地形図によれば南側に水田が存在するので、池の南側をふさいで池としたものである。尾藤氏は街道は池の北側の山沿いを迂回していると考えているが、池田氏は池の南側を直線的に通過する道筋を考えている。おそらく古くは雨の季節にも水没することのない山側コースを選んでいたが、時代とともに築堤技術が進み、堤沿いの道が安定するに伴い南側に街道が変更になったのだろう。池を過ぎ八ツ松の丘陵に上がる道沿いに聖観音(おひじり様)という石仏(天保7年)があったが、道路改修の際に現在の位置に移されている。ここから道は大清水第二公園の中をつっきり丘の上の道を八ツ尾八幡社に向かって歩く。尾藤氏は蔵王神社を通過点としているが、現在その名の社はない。八ツ尾八幡社がその別名であろうか。この社は標高42mでこの丘のほぼ最高所に近い。この一帯にはかつて形の良い松があり、そのことから八ツ松という地名がついたといわれる。さらに史実ではないだろうが義経がこの地を通過したとき、鎧を懸けた松があったといわれる(義経鎧掛松)。街道はこのあたりから丘を下り扇川を渡って県道36号線の鴻仏目の交差点に出る。かつてはこの辺に水車があったらしいが、水車どころか、かつての水路も直線状に改修変更されている。八ツ松から扇川に至る一帯は、土地開発により過去の道路は完全に失われ、古道を辿ることはできない。

県道を西に約1kmたどると諏訪神社前に出る。尾藤氏の著書にある庚申堂はここから東に150mほど戻った脇道の入り口にある軽食喫茶”菊”の隣にある。諏訪神社社には熊野神社が合祀されている。この神社の約300m西に浄蓮寺がある。この寺がある相原郷は、丘陵の端にあり、平安・鎌倉街道はここから丘陵の縁を等高線沿いに北上し新海池に向かう。新海池は江戸時代に作られた灌漑用の池でそれ以前には谷間であった。江戸時代には古道は新海池の西側を通っていたと伝えられているようだが、尾藤氏によれば源頼朝は東側を通過したという。平安・鎌倉の古い時代にはなるべく低地を通らないという原則から東側コースを取ったものと思われる。現在宅地開発で丘陵は完全に住宅地化しているので、古道の痕跡はない。古道を現代の地図にプロットすれば、おおよそ次のようなコースとなる。浄蓮寺裏から作の山公園→朝日出公園→豊藤稲荷下→新海池東を経由し池上台信号に出る。そこから新海池の北岸に沿って、嫁が茶屋、鳴海製陶構内、長根台小学校を経て古鳴海に達する。目ざすところは古鳴海公園である。この辺りに船着き場があったという。多くの旅人は舟を利用せず干潮時に歩いて熱田に向かった。



<関連寺社・目印>

二村峠:愛知県豊明市沓掛町皿池上・峠前

濁池:愛知県豊明市間米町峠下

聖観世音菩薩(おひつじ様):愛知県名古屋市緑区大清水5-1312先

(大清水第二公園):

八ツ尾八幡社:愛知県名古屋市緑区鳴海町八ツ松1-934

庚申堂:愛知県名古屋市緑区相原郷1-2415 喫茶菊隣

諏訪社(熊野神社):愛知県名古屋市緑区相原郷1-1706

浄蓮寺:愛知県名古屋市緑区相原郷1-302

新海池:

(鳴海製陶㈱):愛知県名古屋市緑区鳴海町字伝治山3

(長根台小学校):愛知県名古屋市緑区古鳴海2-161-1

古鳴海公園:名古屋市緑区古鳴海1丁目



(2)古鳴海から熱田宮


  古鳴海から熱田までは基本的に海岸の砂浜を歩く。そこは潮の干満により通行できる時間帯が制約される。満潮で通行できない場合には、距離は長くなるが古鳴海から北上し鳴海潟を迂回する道もあった。しかし更級日記をはじめ鎌倉時代の紀行文はすべて浜道(浜海道)を経由しているので、その浜海道について述べる。鳴海の集落は元々鎌倉街道沿いの古鳴海にあったが、安土桃山時代の頃から近世東海道沿いに移転して、それが現在の鳴海の町になったのだという(池田誠一『なごやの鎌倉街道をさがす』p.117)。つまり、近世東海道は江戸幕府、開府以後に建設されたのではなく、それ以前から徐々にその原型となる道路はできつつあったことがわかる。

古鳴海と熱田の間(約4.5㎞)には既に述べたように鎌倉時代以前には松炬(まつこ)島があり、全区間が潮の満ちる浜道であったわけではない(『平安時代東海道、走って渡る鳴海潟』参照)、地図中に薄茶色で松炬島の輪郭を示している。

古鳴海→(2㎞)→村上神社→(松炬島 1.3㎞)→白毫寺→(1.2㎞)→熱田社

鳴海(現在の古鳴海)で満潮を迎えたら陸路を行くか、そこで宿営するしかない。更級日記では、浜海道を通過する際、浜に着いたときは既に潮が満ち始めていた。この作品で最もドラマチックな部分である。

『尾張國、鳴海浦を過ぐるに、夕汐たゞ満ちに満ちて、今宵宿らむも、中間に汐満ち來なば、こゝをも過ぎじと、あるかぎり走りまどひ過ぎぬ』

(現代語訳)

尾張、鳴海の浦を過ぎる際に、夕潮はただ満ちるばかりで、「今夜(熱田に)泊まろうにも途中で潮が満ちてしまったら、ここ(鳴海)すら通過できないぞ」、と力の限り大慌てで走り過ぎた。

松炬島には村上社がある辺りに上陸して、白毫寺の辺りから再び浜に下りて熱田まで走る。二つの寺社は平安時代にはたぶん存在しなかった。一行はひたすら走った。この区間をおそらく最大1時間20分くらいで駆け抜けたと思われる。熱田半島に着いたとき水深は既に30cm近くになっていただろうか。いやはや、大変な旅であった。

浜海道における潮の干満事情

一つの疑問だが熱田に着いたとき水深30cmは通行するには危険すぎるレベルである。作者らが鳴海の海岸に着いたとき、既に潮が満ち始めていたというのだが、これは誇張ではないだろうか。本当は「もうすぐ満ち始めるよ」と言われたのではないか。


あるいは別解釈として「鳴海の浦を過ぐるに」は鳴海の集落ではなく”浜街道を過ぐるに”という意味であり、潮が満ちに満ちてきたのは松炬島から浜に下りた時の事だとも考えられる。そうすれば浜を走る時間は20分程度である。この場合潮の深さはくるぶし程度だろう。



<関連寺社>

村上神社:愛知県名古屋市南区楠町17

白毫寺:愛知県名古屋市南区岩戸町7-19

熱田神宮:愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1

 

カテゴリ一覧

ページトップへ

この記事のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿