更級日記の記述を基に、当時の地理、文化、技術を考証しながら平安時代の東海道、国司帰任の旅を再現する歴史探訪サイトです


  このサイトは平安時代の日本を紹介する歴史紀行です。更級日記紀行の本編『平安時代東海道を京に上る』では、その時代を平凡ながらも真剣に生きた更級日記の作者、菅原孝標の娘を語り手に千年前の日本に皆さんをお誘いします。更級日記紀行、第一部は作者が上総の国府(千葉県市原市)から京に上る東海道の旅です。平安時代中期の時代背景を知るために当時の文化、地理、技術に関連する記事を掲載しています。同時に日本の歴史や文化への興味を深め、理解の一助となる歴史関連グッズ、伝統民芸品、面白雑貨などのショップを併設し通販での販売を行っております。


平安時代の旅ってどんな旅?

このサイトの目的は以下の二つです。更級日記という古典文学鑑賞でもありますが、平安時代社会の実相を”調べながら”解釈して、その社会を現実のものとして目に浮かぶようにすることです。人間というものの生き様は現代でもそうですが、旅という行為の中にこそ赤裸々に表れます。源氏物語で繰り広げられる宮廷生活をいくら研究しても平安時代社会は理解不能です。

  • ①古代東海道のコース探索
  • ②平安時代の日常生活の実態解明

古代東海道と言えば主として奈良時代に建設された計画道路、駅路・伝路が思い浮かびますが、歴史的に見れば、駅路は実用的な旅の道としてはさほど役立たなかったのではないでしょうか。実際に使われる道は、やはり歩きやすく、維持に費用がかからないコースに収斂してゆきます。平安時代の旅といっても400年間にわたる平安時代の前期と後期では目的も規模も変わってゆきます。それに伴い東海道のコースも変遷し、鎌倉時代に入ると、これが官道”鎌倉街道”として整備されます。更級日記に描かれた東海道の旅は鎌倉街道の原型ともいえるコースをたどります。
平安時代には固定した宿泊施設がなく、道路も整備されず、当時の旅行とは、生活用具一式を担いで旅する山行(トレッキング)或いは軍隊の行軍に近いものです。


変わらぬ人の心と、大きく変わった日本の自然環境

とんでもない昔話のようですが千年の昔でも日本はやはり日本です。そこに生きた人々の苦労や悩み、喜びや悲しみは現代の私達の話ではないかと思うくらいです。反面とてつもなく変ってしまったものがあります。ひとつは自然環境です。つい百年前でも日本は緑なす国と言われていましたが、千年前にはさらに深い深い緑に覆われた国でありました。そこでは人間の営みなど大自然の前のほんの小さな点景に過ぎなかったのです。ところが今の日本はどうでしょう。ありのままの自然を見い出すことはほとんど不可能になってしまいました。また一つ大きく変わったものは死生観です。現代は医学、経済の発展により人々は死の恐怖から解き放たれ、安定した人生を享受しています。しかし千年前には明日何が起こるかわからない「無常」の闇が広がっていました。天皇、貴族といえども、病気にかかったりちょっと大きなケガをすれば即、死が待っていたのです。庶民であれば常に餓死の危険にもさらされていました。更級日記の作者も多くの悲しい別れをしています。

 千年前の日本、そこに生きた人々の生き様は、”しあわせボケ”した私達に何かを訴えかけて来ないでしょうか?これから更級日記の作者とともに古代東海道をたどりながら、大きく変ってしまった国土、変らぬ人の心について考えて行きたいと思います。


新着情報RSS配信

「平安時代東海道を京に上る」の本文『駿河、横走りの関(関山)での長逗留』を公開。この国司帰任の旅での重要ポイント、横走りの関(関山)での交易のためここに逗留します。平安時代の商取引を想像を交え再現してみました。菅原家一行はしっかり富を倍加させることができたでしょうか。
平安時代の東海道の難所、足柄峠越えの様子を菅原一家の旅として再現しました。

セキュリティ、プライバシー保護強化のためサイト全体をSSL化しました。サイトのURLは今後以下の様になります。
https://sarasina.jp

武蔵の国・弘明寺から相模の国・西富、国府津を経て足柄峠のふもと、関本(神奈川県南足柄市)までのコースです。関本では三人の遊女が現れ、感動的な歌や芸を披露します。

本編に『一路南下、弘明寺へ』を追加しました。川崎市丸子から横浜市弘明寺までの行程です。

これまで
旧サイトはsarasina.info というドメインで
公開してきましたが、画像を充実させ視覚的にお楽しみいただけるようにリニューアルしました。それと同時に関連グッズを販売する更級ショップを併設しました。ただ、申し訳ありませんが、ショップに関しては現在のところ形だけで、商品はまだ陳列されておりませんが、徐々に品ぞろえをしてゆきますのでしばらくご猶予をください。