更級日記の東海道の旅をもとに平安時代の古地形や文献で平安時代日本を再現
文字サイズ

三河国矢作川西岸の平安・鎌倉街道

  三河国矢作川西岸から尾張国境の境川に到る平坦な地域は、現在では豊かな田園地帯であるが、江戸時代までは荒涼たる原野であった。明治維新後、明治用水建設によりこの地域は初めて生産性の高い農村地帯に変貌した。一方、矢作川西岸の沖積地は築堤などの治水工事が行われる様になっても、大規模な出水があれば冠水し、安定した稲作を営むことが難しかった。この根本原因は矢作川上流にある山地から流出する真砂の堆積による天井川化であるといわれる。


(1)矢作川西岸の地理的環境


歴史時代の矢作川上流域の流路は現在と大きく変わらないが、築堤工事が行われるようになる室町時代以後も大災害が頻発していた。記録のある江戸時代以降に限っても度々大きな水害に見舞われている。宝暦7年(1757)5月4日の『北野切れ』の状況を示す。この時の水害について『矢作川水系の流域及び河川の概要』から引用する。



<矢作川流域の水害史>


  江戸時代以前はよくわからないが江戸時代以降の主な洪水を挙げると

・宝暦7年(1757年)5月4日

・明和4年(1767年)

・安永8年(1779年)

・嘉永3年(1850年)

・明治15年(1882年)

・昭和7年(1932年)7月1日

・昭和34年(1959年)9月26日

このように、治水工事が行われるようになっても20-30年に一度くらいは大水害が起こっているので、ほとんど無防備だった室町以前には矢作川西岸流域は浸水被害の常襲地域だったと想像される。図に示すように、宝暦の大洪水は現豊田市の右岸中島の破堤から始まり下流の数か所で堤防が決壊し北野~村高間がショートカットしてその一帯が湖水と化したという。この時には、鎌倉街道経路候補地でもある、筒針や妙原寺なども水没した可能性がある。街道についていえば、このような大規模災害は稀なので、一時的に不通となっても多少コースを変更しながらも存続した可能性が高い。一方、鎌倉時代に入り各地に設けられた宿場は、ここでは安定した存続は難しかったと考えられる。



(定本矢作川―母なる川--その悠久の歴史と文化)



(2)矢作川西岸の平安・鎌倉街道


  鎌倉時代以前に大規模治水工事は行われなかったので、十分に地理的条件を考慮した街道でなければ安全な旅行はできなかった。洪水時の越水を考えれば、渡し場は矢作川と菅生川合流点からかなり南に下がったところにならざるを得なかった。平安時代中期の更級日記は矢作の渡りについて何も語っていない。時代を下り中世の紀行文ではどう記述しているだろうか。

①中世紀行文に見る矢作川渡河


<みやこぢの別れ>飛鳥井雅有:矢作に泊りて、寝覚に詠み侍(り)し。

思ひ寝の都の夢路見も果てゞ 覚むれば帰る草枕かな

<海道記>:此橋(八橋)の上に思事を誓て打渡れば、何となく心も行様に覚て、遙に過れば宮橋と云所あり。敷双(しきならべ)のわたし板は朽て跡なし、八本の柱は残て溝にあり。心中に昔を尋て、言の端に今を註す。

宮橋の残柱に事問ん 朽ていく世かたえわたりぬる

今日の泊を聞ば、前程猶遠といえども、暮れのそらを望めば、斜脚已に酉金に近づく。日の入程に、矢矯(はぎ)宿におちつきぬ。

九日、矢矯を立て赤坂の宿を過ぐ。

<東関紀行>:矢矧といふ所を立て、宮路山越え過るほどに、赤坂と云宿あり。

<十六夜日記>:記述なし。「山もと遠き原野を分けゆく」とあるのみ。


中世紀行文には矢作に宿泊したことは言及されているが、旅人の関心はもっぱら歌枕で有名な八橋の故事にあり、矢作川渡河には言及していない。矢作で宿泊したことは述べているが特に東宿と言及していないところを見れば、川の西岸にあったといわれる矢作西宿は紀行文作者が通過したときには存在していなかったのではなかろうか。

②西三河地方、矢作川西岸における鎌倉街道コースの特異性


  江戸時代東海道は距離的に最も短いコースを取るが鎌倉街道は大きく南方に迂回するコースを取る。これは矢作川の氾濫により西岸部が水害の常襲地帯となっていて、JR東海道線のラインまで下がらなければ、安定した地盤がなかったことを示している。

このような地理的条件の下で、鎌倉街道も大きく影響を受けた。タイトル画像には武田勇氏の『三河古道と鎌倉街道』より各時代の東海道の概略図を示した。
 
上図の中に桜街道という裏街道がある。根拠として、平家物語に矢作川に橋が架かり合戦したことを挙げているが、それが合戦当時の事か、物語が書かれた時期(鎌倉~室町時代)の状況を基に書かれているのか不明である。矢作川の橋は太平記に初めて登場するので、鎌倉末期以降に架橋されたと考えられる。従って、この桜街道は常設的な道でなく、動乱期の臨時的軍道である可能性が高いという。


③『平安鎌倉古道』、『三河古道と鎌倉街道』に見る経由地


  <渡から新堀>

尾藤氏は矢作川を渡ったのち新堀に到る二つのコースの可能性を考えている。

(A)妙源寺コース

渡ー安養寺ー善国寺ー能光廃寺跡西ー白鳥(熊野)神社ー妙源寺ー院庭天神社(新堀)

(B)渡ー字沓市場ー安藤氏屋敷跡ー院庭天神社(新堀)

Aコースは能光廃寺、妙源寺を経由することを重視している。ただ能光廃寺は相当古い時代に廃絶していた可能性がある。また妙源寺は正嘉2年(1258年)創建なので鎌倉時代後半の話となる。妙源寺は安藤氏により勧請され、当初は小規模な道場から始まったと考えられている。従って鎌倉街道が当初から、わざわざ北側に迂回する必要はなかった。では妙源寺がこの地にやってくる前、この低湿地に浮かぶ微高地には何があったのか?小規模の集落があったかもしれないが、市が立っていた可能性は高い。現在は妙源寺の住所も沓市場であるが、古くはやや南側に字沓市場という字があった(Bコースの字沓市場)。ややこしいが、これは妙源寺が盛んになった時、押し出されて沓市場が南に移転したものだと思われる。


Bコースは単純に距離が短いルートで、これが自然な街道ルートだと考えられる。とりわけ平安時代には沿道にさしたる寺社もなく、立ち寄るべきものもなかった。下に大正9年測図の2.5万分の1地形図(安城)を示すが、この時点ではすでに過去の条里に基づく古道の痕跡はない。注:この時期にはまだ名鉄線は開通していない。



<日長神社から長者屋敷まで>

妙源寺を出て平地上をJR東海道線沿いに西に向かい、新堀を経て台地の端に日長(ひなが)神社に到る。日長神社は延喜式式内社で、文徳実録に当社を含む三河国の十一神社に従五位下授位の記述がある(仁寿元年10月、851年)。鎌倉街道はここから台地の縁を北上する。

日長神社ー高木城趾ー市杵嶋姫神社(別郷廃寺跡、薬王寺

市杵嶋姫神社から街道は武田氏によれば新、旧のルート二つの経路があったという。

C:北山崎ーしし山ー長者屋敷

D:市杵嶋姫神社ー大行日吉法印墓ー慈恵幼稚園ー庚申塚ー長者屋敷


このうち、Dコースが平安時代の古い街道でCが鎌倉街道の本道ではないかという。残念なことに、Dコースはかなり古道をたどれるが、Cコースはほとんど大正時代測図の地形図にも痕跡がない。Cコースは概ね台地の上、あるいは辺縁を通ると思われ、恒久的な街道としてはこちらが自然である。残念なことに伝承によるため、正確な経由地、道影の消失原因はわからない。おそらく明治用水完成後の耕地整理ではないかと思われる。更級日記ではもちろんDコースを歩いたであろう。但し、あくまで推定である。下の現代地図に平安時代の推定経路をプロットした。但し、慈恵幼稚園、庚申塚は低地にあるので、そこは通らず東寄りの丘陵裾を迂回したコースを示している。



<関連経由地住所>

渡城趾:愛知県岡崎市渡町東浦

安養寺:岡崎市渡町荒居15

善国寺:岡崎市渡町善国寺35

筒針天徳院:愛知県筒針町池田233

白鳥(熊野)神社:岡崎市大和町字平野135

妙源寺:岡崎市大和町沓市場65

光善寺:岡崎市新堀町本郷27

院庭天神社:岡崎市新堀町中野21

妓楼
福地
日長神社:安城市高木町鳥居13

高木城趾:安城市高木町下屋敷28の隣地

市杵島姫(いちきじまひめ)神社(別郷廃寺跡):安城市別郷町油石54

薬王廃寺跡:安城市別郷町油石53

大行日吉法印墓:安城市西別所町本郷15-1の隣地

慈恵幼稚園:安城市西別所町中新田18

庚申塚:安城市西別所町中新田1

蓮華寺:愛知県岡崎市西本郷町和志山93

しし(楮)山:楮の字は猪の誤りではないかと言われている。下記工場の構内に所在。
UACJ押出加工安城製造所:愛知県安城市北山崎町築地1

 

カテゴリ一覧

ページトップへ

この記事のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿

関連記事